家探し!住宅展示場(モデルハウス)に出展している家は割高!?

住宅展示場(モデルハウス)に必要となる広告宣伝費は買主に負担が掛かってきます。だからと言って、住宅展示場(モデルハウス)に出展している会社の家は全て割高とも言えません。それは何故でしょうか?ブログにまとめておきます。前回記事では地盤改良費について書きました。ご参考までにどうぞ。

住宅展示場の広告費負担は誰がする?

前回「アイカワホーム」で土地から注文住宅を建てる場合、地盤改良費の負担が無いことは分かりました。では、他の費用はどうなんでしょうか?アイカワホームの家って高額なのでしょうか?ローコスト住宅なのでしょうか?

相川会長と話している時に「住宅展示場」にも行ってきた話をしていたら「住宅展示場の費用」について教えて頂けました。

例えば、住宅展示場側から「19時までは営業して下さい」だとか、何年かしたら「建て替えて下さい」という指示があるそうです。住宅展示場全体で集客する必要が有るので営業時間の拘束があるのと、古いモデルハウスが残っていると住宅展示場全体の印象が悪くなるからだと推測されます。住宅展示場に出展するのは、物凄い広告宣伝費が必要になるそうです。

その住宅展示場の費用は誰が負担するのか?それは住宅展示場に広告宣伝費を払っているホームビルダーです。そして、周り巡って、お客様が購入する住宅にそれぞれ上乗せされている。とのことです。

確かにアイカワホームの様に、顧客が建てた建物の完成見学会で広告していれば広告宣伝費は少額で済みます。広告宣伝費が浮いている分は住宅の建材にお金が回せるというカラクリとのこと。なるほど。確かにそうだ。

つまり、住宅展示場に出展しているホームビルダーの家は割高なのです。広告宣伝費を沢山使っているから。

広告宣伝費を使っても割安になる!?

ただ、私はこの「住宅展示場(モデルハウス)」の「広告宣伝費」は顧客が負担する。だから割高住宅になるという話は、半分正解で半分は、そうとばかりも言えないのでは?と思えます。

それは、ホームビルダーの「標準仕様」という仕組みがあるからです。標準仕様」とは、そのホームビルダーで住宅を建てる際に基準となる建材です。例えば、キッチンはLIXILEから選ぶとか、床材はこの中から選んで下さい。という予め選択肢が決まっているヤツです。

標準仕様」以外の物を選びたい場合、差額を支払うことで変更できるのが通常です。しかし差額費用が多額に必要となる場合があります。それは、ホームビルダーが「標準仕様」となる製品を一括で仕入れることで、仕入れ数量をおおよそ確約して安く仕入れているからです。

「標準仕様」=粗悪品ではありません。「標準仕様」=「ホームビルダーが選んだお勧め品を安く仕入れたお買得品」という訳です。

だから、ホームビルダーを選ぶ際には、そのホームビルダーがどのような建材を「標準仕様」にしているかが重要になってきます。そして販売数量が少ない工務店などだと「標準仕様」が無い場合も有ります。そうすると、なんでも選べる代わりに、お値打ちでは無い訳です。

さて、話を戻しますが、住宅展示場で広告宣伝費を沢山使ったとしても住宅の販売数量が多ければ「標準仕様」製品の仕入れ値を安く抑えられる可能性が有る訳です。

つまり、重要なのは「住宅の販売数量」による「仕入れコストの押し下げ」と「広告宣伝費」のバランスという訳です。

そう考えると、少なくとも住宅の販売数量が少ないホームビルダーを選ぶという選択肢は外した方が良さそうです。建築部材を安く仕入れられる可能性が低い訳ですから。

そして、着工件数や財務状況などの経営情報については「帝国データバンク」や「建設業の許可閲覧」などで調べることが可能です。調べれば、どれくらいの住宅を販売していて儲かっている会社なのか等の情報が分かる訳です。

私も、自分で実際に調べてみたので別途ブログ記事にまとめる予定ですがまた別の話とします。

そして話をアイカワホームに戻しますと、アイカワホームの知多半島での新築着工件数は多いそうです。広告によると14年連続知多半島全域注文住宅着工第1位とのことです。

自分でもアイカワホームの財務状況を調べたら利益状況はかなり良かったです。しかも、会長との雑談で聞いた話だと「無借金経営」とのことでした。かなり堅実な経営をされていると推測します。このような会社の住宅であればコストパフォーマンスの良い家が手に入る可能性は高いです。

つづく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください