夏の日射対策に「セキスイの遮熱クールアップ」を使った感想レビュー

買い物

夏場に室内に熱が流入する73%は「窓」からと言われています。そこで「窓に」格安で効果のある夏の日射熱対策はできないか?検討してみました。外付けの遮熱ブラインドを取付れば完璧なのですが高額です。他に良い手は無いか?と探して見つけたのが「セキスイの遮熱クールアップ」です。実際に取付て使ってみた感想をブログにまとめておきます。

夏場室内に流入する熱の73%は窓から
※リクシルの複層ガラス説明サイト参照

スポンサーリンク

セキスイの遮熱クールアップとは何か?

セキスイの遮熱クールアップとは何か?一言で説明しますと、網戸の網のような素材で、窓の内側からでも外側からでも貼る事ができ、遮熱ができるという商品です。

セキスイの遮熱クールアップのメリット

セキスイの遮熱クールアップのメリットをまとめておきます。

窓の外側で遮熱できるので効果が高い

室内側にブラインドや遮熱カーテンを設置しても、輻射熱の5割~6割ほどが室内に入ってきます。ブラインドや遮熱カーテンと窓ガラスの間が熱くなり熱が伝わってしまうためです。

ところが、窓の外側でブラインドなどを使って遮熱することで輻射熱を抑える事が可能となります。つまり、窓の外側で日射遮蔽する方が断然効果が高い訳です。「セキスイの遮熱クールアップ」は遮熱効果7度あると謳っています。

日射遮蔽の詳しい話については下記「ホントは安いエコハウス」が参考になります。

created by Rinker
¥2,178(2020/10/01 20:53:59時点 Amazon調べ-詳細)

複層ガラス・網入りガラスでも使える

複層ガラスや網入りガラスで室内側に「遮熱シート」を貼ると熱膨張によりガラスが熱割れする危険性があります。ところが「セキスイの遮熱クールアップ」であれば窓の外側に貼る事ができるのでガラス熱割れの心配もありません。

※熱割れについてはAGCのサイトが参考になります。

取り外し可能・ハサミでカット可能

マジックテープで取り付けるタイプなので、夏場が終わったら取外し可能です。また、ハサミで簡単にカットできるので窓のサイズに合わせて調整することも可能です。

室外から室内が見えにくくなる

ステンレスコーティングされたシルバー面側を窓の外側にして貼るのですが、僅かですが、ミラー効果が多少得られて、室外から室内が見えにくくなります。

ペラっとめくれている側がシルバー面です。

ミラー効果は僅かなのであまり期待はしない方が良いです。網戸が多少色濃くなる程度です。我が家の窓はサイズが大きかったので端が足りず境目があります。上の写真の右側が網戸の網の上に「遮熱クールアップ」を貼った様子です。左側は網戸の網のみです。

※波打っているのはまだ下側を止めていない状態で写真を撮ったためです。

網戸に取付できる

網戸に取付できるので、網戸が破れてしまった場合などにも使えそうです。我が家は「網戸」+「遮熱クールアップ」で使用しています。

貼るのが簡単

取付自体は簡単な物でした。マジックテープを窓に貼って、取り付けるだけです。どんな感じなのかは実際に動画で見た方が分かり易いと思います。セキスイ遮熱クールアップの公式サイトを参照下さい。

網目状なので風が通る

素材が網戸の網と同じような物なので、網戸に取付すれば窓を開ければ網戸として使えます。風が通らなくなる心配はありません。

我が家は「網戸+遮熱クールアップ」で取付したのですが、網が2重になるので多少は風の通りに違いが出ますが許容範囲内でした。

実際に「遮熱クールアップ」を貼ってみた感想

まず、このマジックテープの「メス」側を窓枠に貼って行きます。

マジックテープ「メス」側が貼れたら、遮熱クールアップを取り付けて、マジックテープ「オス」側で上から抑えるように貼り付けすれば完成です。

何の苦労も無く取付完了しました。

あとはサイズが大きかった分をカットして下側と横側も取付すれば完成です。

ハサミで簡単にカットできました。

完成しました。

残念なのは「セキスイの遮熱クールアップ」の一番大きなサイズでも横100cm×縦233cmという事です。ところが我が家のリビング窓はサイズが大きく横幅130cm×縦223cmです。という事で、横幅が足りていません!

もう少し大きいサイズも販売されると嬉しいのですが・・・

横幅が足りていないので、網戸が無い面のガラス窓に「セキスイの遮熱クールアップ」を貼ろうとすると、横側のマジックテープを窓枠ではなくて窓ガラスに直接貼る必要があります。

そのため2枚セットで購入したのですが、取り敢えず網戸側にのみ貼ってもう一枚は様子見としました。

遮熱クールアップのデメリット

実際に取り付けてみて分かった「セキスイの遮熱クールアップ」のデメリットをまとめておきます。

室内が多少暗くなる

我が家では網戸と2重で使っているせいもありますが多少は室内が暗くなります。それでもカーテンなどと比べれば断然明るいです。上の写真のように陽が射してい状態だと良く分かります。

曇りの日に比べると僅かな違いです。元々の網戸が少々濃くなったかな?程度です。

台風時は飛ばされないか心配

マジックテープでの取付なので、窓外側に取付した場合、台風時には飛ばされないかが心配です。

その点は「窓の外側」かつ「網戸の内側」に施工しておけば安心です。強風でマジックテープが剥がされたとしても「網戸」と「窓」の間に挟まって飛ばされません。

追記:設置後、強風の日が何度かありましたが飛ばされる感じは全くしまていません。大丈夫そうです。また台風の時はシャッターを降ろせばシャッターの内側になるので飛ばされる心配はありませんでした。

設置後の効果測定結果!

我が家の窓は熱貫流率1.31のYKKAP樹脂サッシAPW330を使用しています。高性能サッシなので効果の程はそれほどでないかな?と思っいたのですが、ちゃんと効果がありました。

2020年7月12日12時26分測定:セキスイ遮熱クールネット無しの窓温度35.4度

対して、セキスイ遮熱クールネット有だと31.2度でした。

4.2度の効果がありました。セキスイのHPでは7度の効果を謳っています。複層ガラスで無ければ7度程度の効果は軽く叩きだしそうな勢いです。我が家の場合でも、真夏に再度計測したら7度に近い数値が出るかも知れません。

追記:7/19日の11時25分に窓に陽が差している時に計測したら8度の温度差が出ました。

セキスイの遮熱クールネット無しだと40.1度

有りだと32.1度!遮熱効果8度です。窓の外側で遮熱する効果は驚くほど高い事が実証されました。

これで夏のエアコン代が安くなりそうです!

「遮熱クールアップ」の取扱説明書

コメント

タイトルとURLをコピーしました