車のテールランプ交換費用が高額なので自分で交換した手順(後編)

車のテールライト交換費用が高額なので自分で交換してみました。その手順をまとめています。簡単な作業であれば自分で交換して工賃を浮かせたいと思いませんか?これから自分で車のテールライト交換しようと検討されている方のご参考になれば幸いです。前編で下調べしたので今回はその実践編です。

テールライトをヤフオクで落札!いくら?

20190127-teruraitowarekoukan (3)

まず、テールライトが壊れた車は2018年1月に購入したホンダFIT型式「DBA-GK3」です。右後ろだけ下側が割れて壊れました。ディーラーで交換費用見積もりを頂いた所、部品代金17,172円+工賃2,160円=合計19,332円でした。高い!

水が入ると中の部品まで故障する可能性があるのと、車検が通らない可能性があるとのことです。よって、修理しないでおくという選択肢はありません。怖いので洗車していなかったら車が汚れていしまいました。

ヤフオクでテールライト右後ろを落札すると、テールライト価格5,000円+送料1188円=合計6,188円でした。13,144円の節約となります。

テールライト交換手順

テールライトが届いたので実際に交換しました。手順をブログに残しておきます。

20190127-teruraitowarekoukan (5)

まず、届いた新品のテールライトに割れヒビなどないか確認します。

20190127-teruraitowarekoukan (2)

そして、前回はずした手順で、ネジ2個をドライバーで外して、スライドさせるようにしてテールライトを外します。

20190127-teruraitowarekoukan (6)

3箇所コネクタを外して新しいテールライトに差し替えしてやる必要があります。

20190127-teruraitowarekoukan (7)

新しいテールライトの何処にコネクタを差し込むか確認しておきます。

20190127-teruraitowarekoukan (8)

爪状に引っ掛ける構造になっているので、押しながら上に引っこ抜きます。

20190127-teruraitowarekoukan (9)

コネクタが落ちてこないように固定する部品が1箇所ありました。爪状になっているのですが押し上げて外せないのでマイナスドライバーを差し込んでスライドさせて取り外ししました。

20190127-teruraitowarekoukan (10)

後は、テールライトを元通りはめ込んでやるだけです。引っ掛ける箇所があるので、スライドさせて取り付けします。

20190127-teruraitowarekoukan (1)

ネジを取付て取り付け完了!ブレーキとウィンカーを動作させて間違いなくライトが点灯するか確認します。

20190127-teruraitowarekoukan (4)

最後に、古いテールライトのランプは使用可能なので一応取り外して予備分として取っておきました。

以上がテールライトの交換手順です。拍子抜けするほど簡単でした。専用工具が要る訳でもないので、素人の私でも全く問題なしでした。車の簡単な修理方法は自分でやれば、節約効果が大きいです。

今回13,144円の節約と、「知恵」と「話のネタ」を1つ手に入れました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください