新築用住宅土地をローン(団信)無しで購入!夫が死亡したら無保険?

私は、新築時に住宅用の土地を先に現金購入しました。ローン無しで購入したので、土地購入時点では団体生命保険(団信)に加入していません。そのため、団体生命保険(団信)の死亡時に住宅ローン残高が消える保険内容は受けられません。夫である私はサラリーマンで、妻はパートです。これまでは資産があったので「生命保険」無しで生活していました。

土地の引渡し前に、「あれ?土地引渡し前後から夫が住宅ローン契約で団信に加入するまでに、夫が死んだら住宅ローン(建物分)を妻がパートだけで返済できなくて困るのでは?」と疑問が頭に浮かびました。その調査内容についてブログに記録しておきます。

ホームメーカーの営業は生命保険まで考えてはくれない

ホームメーカーの営業担当に先の疑問を聞いてみたら「確かに、現在一般の生命保険に何も加入していないのであれば保証が何もありませんね。」と回答くれました。ホームメーカーの営業担当は、顧客である私の生命保険加入状況や資産状況・収入状況まで知らないので、責められませんが非常に危険な状況でした。もし、土地引渡し後から団信加入前に自分が死亡したとしたら、妻は新築住宅建築を取りやめて土地を売るしか無い状況になります。

団体生命保険加入までの間、生命保険に加入

新築住宅着工直前には住宅ローンを借りて団体生命保険(団信)に入ります。そのため団体生命保険(団信)加入までの間、夫の「死亡」「高度障害状態」をカバーできる「生命保険」に加入することにしました。時間が無かったのでインターネットで調べて、その時人気が髙かった保険を選びました。借り入れる住宅ローンより少々多い保証金額で生命保険に加入しました。

生命保険は複雑で分かり難い

インターネットで適切に選んで「生命保険」に加入しましたが、実際不測の事態に対応できる保険内容になっているか心配は残りました。できれば店舗で内容を聞いて生命保険に加入した方が間違いが無くて良かったかなという感想です。生命保険は複雑です。しかも、下手すると不測の事態があった時に小さい文字で書かれている加入条件などの不備を指摘されて、支払いが下りない可能性もあります。告知義務違反なども注意が必要です。

新築時に医療保険も必要ではないか?

生命保険に加入したので「死亡」「高度障害状態」になった時には、保険金が下りてきます。安心です。しかし、病気になって「医療費」が必要になったら困らないか?治療中働けなくて給料収入が無くなったら困らないか?という疑問が浮かびました。

健康保険には傷病手当金制度がある

健康保険には傷病手当金という制度があり、病気になってもある程度は健康保険で保証されます。詳細は「協会けんぽHP」が分かり易いのでリンクを貼っておきます。しかし、働いていた時より収入は減ってしまいます。(ざっくり言うと、働いて給料もらっていた時の2/3程度)それでは生活が立ち行かなくなる危険性が出てくる訳です。実際受託ローン返済ができなくなり住宅を手放すケースもあるそうです。

そう考えると「医療保険」「就業不能保険」などの保険加入を検討する必要があります。

新築時には医療保険加入・見直しが必要

という事で、私の結論としましては、新築・住宅購入など大きな支出があった際には、個人の資産内容や必要な生活保障が激変してしまうので「生命保険」「医療保険」「就業不能保険」を見直した方が良い。ということになります。

保険に詳しい人であればインターネットで調べて自分で加入しても良いのですが、そうでなければ複数の保険会社を比較して説明してくれる「保険窓口サービス」を利用する方が賢明です。自分が保証したい内容が保証できるように最も条件が良い保険会社を紹介してもらえます。また、自分で気づけていない保証内容の提案などもしてもらえます。

実際、私も何の保証が必要か分からずに調べたから先のような疑問が出てきたのですが、プロに保険の提案をして貰えれば色々気づくことも多いかと思います。

自分は良く分からずインターネットで「生命保険」「医療保険」を契約してしまいましたが、「保険窓口サービス」で「就業不能保険」について相談してみたいと思いました。

団体生命保険と生命保険は併用した方が良い?

あと、次の疑問として住宅ローン契約が済み、団体生命保険(団信)に加入したら一般の生命保険は解約してしまって大丈夫なのか?という疑問です。併用した方が良いのかどうなのか次の記事でまとめておきたいと思います。


コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください